保険金はおりない時がある

生命保険やがん保険などをかけている人の大半は、万が一の時に保険金が下りると思っている人が多いと思います。

しかし、必ずしも保険金がおりるわけではありません。たとえばその人の月収を大幅に超えている入院給付金などがついていると、月収を勝手に調べられ適切な金額として、保険金の半分や1/3しか支払われなかったというケースもあります。

もちろん、これらは保険会社の勝手な査定によるもので意義を申し立てる事もできるのですが、たいていの場合提示された金額でOKと言わざるを得ない状態です。